総量規制とは

消費者金融には、総量規制というものがあります。これは、多重債務によって返済不能にならないように、個人の借り入れを規制するものです。具体的には、その人の年収の1/3までしか消費者金融は貸すことはできません。これは複数の金融業者から借り入れしている場合でも、その総額であって、各社から借りられる金額というわけではありません。

つまり年収300万円の人がA社から50万円、B社から30万円借り入れをしていたら、C社の審査に通っても20万円しか借りることが出来ないということです。どこにどれだけの借り入れがあるかは、信用情報によってわかるので、隠すこともできません。おまとめローンの場合はその例外として利用できるので、3社から総量規制ギリギリの合計100万円を借りている場合でも、D社で100万円のおまとめローンを組んで借り換えることが可能です。

銀行は総量規制がない

銀行の場合は、総量規制がないので年収の1/3以上の金額を借りることができます。もともと銀行は住宅ローンや自動車ローンなど、大きなローンを組むことが多いので、総量規制は適用できないのです。

そのため、数百万円などの大きな借金を申し込むのであれば、銀行にしたほうが借りやすいといえるでしょう。ただし、銀行カードローンはそもそも消費者金融に比べて審査が厳しいので、必ずしも借りられるとは限りません。とくに金額が大きいと審査も厳しくなるので、多額のお金を借りるのは難しくなるかもしれません。

このページの先頭へ