金利を抑える

お得に金を借りる方法として、まず大切なのは金利を抑えるということです。借りたお金を返すのは当たり前ですが、金利は余分なお金ですから、できるだけ抑えることで返済総額はかなり違ってきます。

闇金よりも金利の安い消費者金融で借りたほうがお得ですし、さらに金利の低い銀行カードローンはもっとお得です。もちろん同じ消費者金融や銀行でも各社で金利は違ってくるので、できるだけ低いところから借りたほうがよいでしょう。

ただし、業者によっては金利が安くても高い手数料が発生したり、金利以外のところでお金を払うようになっているところもあうので、よく確認してから契約することが大切です。知人にお金を借りるという方法もあり、無利子で貸してもらえるならお得になるかもしれませんが、結局それだけの便宜をはかってもらったということで御礼のお菓子などを渡すとなると、金利より高くつくこともあるので、一概にお得とは言えません。

返済期間を短くする

お得にお金を借りるもう一つの方法は、返済期間を短くするということです。金利は、借り入れている金額にかかってきますが、翌月になるとまたその残金に金利が発生します。つまり、返済期間が長ければ長いほど金利として支払う負いかねの総額も大きくなるのです。

すこし無理をしてでも、一括で返済してしまえば、翌月以降の返済がなくなるのはもちろん、返済期間中に払うはずだった金利を払わなくてもよくなるので、かなりお得だといえるでしょう。

このページの先頭へ