銀行カードローンとは

昔は銀行からお金を借りるというと、住宅ローンや自動車ローン、学資ローンなど、用途の決まった借り入れが一般的でした。それが、フリーローンとして目的不問のローンが広まり、カードで簡単に借り入れができる銀行カードローンが使われるようになって人気を集めています。

銀行カードローンのメリット

消費者金融などに比べると、安い金利でお金を借りることが出来ます。借入金額などにもよりますが、一般的に消費者金融よりも金利を安く設定していることが多いです。また、銀行という安心感があるのも大きなメリットかもしれません。

借金というのは同じなのですが、やはり馴染みのある銀行から借りるほうが安心感がありますし、後ろめたい気持ちも少ないという人が多いです。

銀行カードローンのデメリット

一方、金利が安くて人気が高いぶん、銀行カードローンは審査が厳しいと言われています。どの銀行もはっきりした基準を明らかにしているわけではないものの、銀行カードローンの審査に落ちた人が、消費者金融の審査に受かることは珍しくありません。

それでいて、銀行は消費者金融に比べて審査に時間がかかることも多いです。そのため、銀行で借りたいけれど、なるべく早く、確実にお金がいるから消費者金融に申し込みをして即日借り入れをするケースもあります。審査項目に問題がなくて、借り入れも急がないという場合は、銀行カードローンを利用するとよいでしょう。

このページの先頭へ