これまでキャッシングを利用したことのない方にとって、消費者金融からお金を借りることはいくらかの不安があるはずです。闇金のイメージがあるので、「高額の返済を要求されたりしないだろうか」とか「返済が遅れると家に怖い人が取り立てに来るのではないか」などと思うこともあるかもしれません。

しかし、ちゃんと行政に認可された業者なら大丈夫です。法外な返済を要求されることもありませんし、無理な取り立ても一切ありません。しかし、認可を受けずに営業している業者に引っかかってしまってはこの限りではないので、消費者金融を利用する時は、そこがどんな業者なのか事前に確認することが大切です。そこで、安心してお金が借りられる業者を見極めるポイントをお伝えします。

金融庁のホームページをチェック

行政に認可された消費者金融業者なら、金融庁に登録されています。業者の広告やホームページだけでは不安な時は、金融庁の公式ホームページ内の「登録貸金業者情報検索入力ページ」にアクセスしましょう。

http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.phpに直接アクセスしても構いません。業者の登録番号や所在地、商号などを入力すると、登録業者はその詳細が表示されます。入力しても何も出てこない業者は、金融庁に登録されていない業者ということですので利用を避けてください。

固定電話の番号など身元が確かなことをチェック

テレビCMを打つような大手の業者なら安心ですが、たとえばチラシやダイレクトメールのみで宣伝する業者に対しては慎重になるべきです。広告に固定電話番号が記載されていない業者には特に注意してください。

道端の電柱などに携帯電話番号だけ記載した「お金貸します」というチラシを見かけることがありますが、こういう業者は闇金の可能性もあるので連絡しない方が賢明でしょう。貸金業者と思しき覚えのないダイレクトメールを受信した時も、軽い気持ちで利用しない方がよいです。大手の消費者金融で審査に通らない時など藁にもすがりたくなる気持ちはわかりますが、身元の不確かな業者からお金を借りるとひどい目に遭うこともあります。

そもそも大手の業者が審査を通さないということは、債務状況など何らかの問題があるはずです。ちゃんと返済できる可能性が低いということで審査に通らないわけですから、名前も知らない業者がほいほい貸してくれるなんて必ず何か裏があると考えるべきでしょう。親切だなどと思って、迂闊に利用しないように気を付けてください。

このページの先頭へ